水がピンチ!?基準超えるヨウ素、結局どうしたらいいの?

投稿日: カテゴリー: 気になる記事

東京都で乳児の基準超えるヨウ素
http://www.47news.jp/47topics/e/202049.php

210Bq(ベクレル)/kgのヨウ素が検出されたぞー!
水がダメだとご飯もパスタもあかんやん。外食も・・・。どうしたらええのん?w

混乱してる方も多いので早々にマイミクから頂いてきました。
めちゃめちゃ分かりやすい説明です。

■ヨウ素Q&A■

Q:どのくらい飲んじゃいけないの?
A:10000Bqのヨウ素は0.22mSvの内部被曝を起こすそうです。
(ソース:http://www.cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/11.html)

Q:だからどのくらい飲んじゃいけないのかと。
A:0.22mSvの内部被曝を起こすために、50リットル飲まなきゃいけません。

Q:こたえろや、どれくらい飲んだらあかんねん。
A:一般人が被曝して良いのは1mSv/年なので、一年に250リットル飲むと限度です。

Q:…ええと?
A:大体、十日で6~7リットル飲むと限度です。

Q:わりと普通に飲めますね。それを超えるとどうなるの?
A:特に何も起きません。そもそも自然放射線が2.4mSvありますので、1mSvを越えたらそっこー何かあるようじゃレントゲンも撮れませんし、飛行機も乗れません。

Q:じゃあ、放射線の影響が出てくるにはどれくらい飲むと危険なの?
A:目安として、実際に影響が表れてくるのは1Sv(=1000mSv)くらいです。とりあえず、100mSvが放射線の業務に携わる人が一発で受けてもいい限界の値なのでひとつの目安になるんじゃないでしょうか。

Q:つまり、どう呼びかければいいんだ。
A:「毎日、バスタブ(200リットル換算)の水を三杯以上飲むのはやめた方がいいです(1Sv)。また一日にバスタブ13杯以上の水道水を飲む生活を一年続けるとマジに放射線の影響で半数が死にかねません(飲んだ人の半数が致死にいたる4Sv(3Sv~5Sv)になります)」。基準値に従うなら一日60リットル以上(100mSv)を飲むと危険ですね。

Q:乳児に飲ませるなというのは?
A:子供は甲状腺がちっこかったりしてヨウ素を吸収しやすかったり割合が大きくなりやすいのと、発育途中なので何が起きるかわかりません。乳児にバケツいっぱいの水を毎日飲み干せというのはやめてあげてください。

Q:ところで、その210Bq(ベクレル)/kgの放射線って強いのか?
A:鳥取県の三朝温泉のお湯は2000~2500Bq/リットルくらいです。
飲泉療法とかばっちこいです。
確定的影響として、急性放射線障害が出るのが一撃で1Sv(=1000mSv)受けた時からです。
一撃で2Sv(=2000mSv)を受けると、5%程度の確率で死亡するようです。
確率的影響は、1Sv(=1000mSv)ごとにがんの発生確率が5%上昇するそうです。

既に水はどこも売り切れ続出ですね・・・。
しばらく混乱は続きそうですが、東京都が乳児用に配布するとか。
気休め〜〜。

東京都が乳児1人3本分、24万本のペットボトル配布へ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000642-san-soci

結局公表されてる数値でこれですから実際は・・・。(((((( ;゜Д゜))))))ガクガクブルブル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です